Home > 2013年 > | 活動報告 > 平成25年「第1回長良川流域子ども交流会」活動報告

平成25年「第1回長良川流域子ども交流会」活動報告

平成25年8月20日(火)~22日(木)の3日間、三重県志摩市ともやま公園野外活動センター、鳥羽市海の博物館で「長良川っ子集まれ! 志摩の海で森・川・海を体験しよう」を開催しました。

長良川流域やその周辺の小学1年生~中学3年の114名が参加しました。今年は申し込みが多く、参加者は抽選とさせていただきました。抽選にもれた皆さん、申し訳ありませんでした。

宿泊、バスの定員の関係で114名、スタッフ30名の参加となりました。

all.jpg

【1日目 8月20日】

早朝より、郡上市、美濃市、岐阜市、桑名市の集合場所に集まり、志摩市を目指します。

到着後、昼食、オリエンテーションです。

8.20_1_1.jpg

 

その後、大学生のスタッフによるネイチャーゲームを行いました。炎天下の中、芝生広場を駆け回りました。

8.20_2_1.jpg

 

8.20_2_2.jpg

 

1日目の夕食は野外炊事です。みんな、協力してカレーを作りました。

8.20_3_2_1.jpg    8.20_3_2.jpg

 

  8.20_3_1.jpg     8.20_3_3.jpg

 

  8.20_3_4.jpg

 

日が沈んだ後は、英虞湾に生息する「ウミホタル」の観察を行いました。懐中電灯を消すと、真っ暗な夜の海に「ウミホタル」が浮かびあがります。

  8.20_4_1.jpg

 

 

【2日目 8月21日】

朝食後、ライフジャケットを着けて、次郎六郎浜へイカダで渡ります。

 

8.21_1_1.jpg   8.21_1_2.jpg

 

浜へ移動した後は、浜の生き物を観察します。浜には多くの生き物がいます。何種類発見できたでしょうか?

8.21_2_1.jpg   8.21_2_2.jpg

 

8.21_2_3.jpg   8.21_2_5.jpg

 

2日目のメインは、楽しみにしていた「シーカヤック体験」です。シーカヤックの指導は、志摩自然学校のインストラクターの皆さんです。

海へこぎ出す前に、カヤックのこぎ方や安全の講習を受けます。

あとは、インストラクターの後をついて英虞湾を満喫しました。

 

8.21_5_1.jpg   8.21_5_2.jpg

 

8.21_5_3.jpg   8.21_5_4.jpg

 

8.21_5_5.jpg   8.21_5_6.jpg

 

ともやま公園の沖は英虞湾の最奥にあり、台風が接近しても、大きな波浪はなく、1年中穏やかな海だそうです。

 

【3日目 8月22日】

3日目は、ともやま公園を出発し、鳥羽市の海の博物館へ向かいます。

海の博物館では、豊かな伊勢湾の漁業に関わる展示の見学ができます。はじめに、伊勢湾の豊かさや、そのもとになっている木曽三川の森や川の映像を見ました。

その後、館内の見学、伊勢湾の貝を使ってクラフトを作りました。

8.22_1_5.jpg   8.22_1_1.jpg

 

8.22_1_2.jpg    8.22_1_4.jpg  

 

今回の交流会は晴天に恵まれ、海の活動を満喫しました。また、海の博物館では、その豊かな海が私たちが住んでいる長良川流域と密接な関係があり、つながっているんだと実感することができました。

また、学生スタッフの皆さんのサポートもこの交流会の重要な要素です。今回の学生スタッフは愛知、岐阜、三重の大学生、高専生、高校生です。

staff.jpg

           <学生スタッフ>

 

 

参加者の中には、長良川流域子ども交流会が始まった当初から参加している中学生もいます。

帰りに「次はスタッフで参加するよ!」と言ってくれた参加者も何人かいました。こうして、この活動が流域のつながりや参加者のつながりでこれからも続いていくことを期待しています。

参加者の皆さん、学生スタッフの皆さん ありがとうございました。

事務局

 

 

Home > 2013年 > | 活動報告 > 平成25年「第1回長良川流域子ども交流会」活動報告

Search
Link

Return to page top